英国内に事業所を設立する

英国内に事業所を設立する

  • 重要なポイント

    英国には事業用としてリースまたは賃借できる幅広い物件があります。

    中小企業または起業家はよく、柔軟な契約期間や設備(インターネット接続など)の利点を享受するために、レンタルオフィスを選びます。

    より大きな企業は自ら社屋を建設、増築あるいは建築用途を変更したい可能性があります。英国での事業所設立プロセスは簡略で、建設許可を得るための手順も欧州で最も効率が良いといわれています。計画担当当局・地方自治体は約90%の計画申請を承認し、その75%は3ヶ月以内に完了します。

    また、開発許可がすでにおりている用地が英国各地にありますので、貴社の社屋完成に要する時間を節減することができます。上記はエンタープライズ・ゾーンといわれ、開発計画の法規が簡略化されています。

  • ビジネス・クラスター

    同種または類似の産業部門に所属する様々な企業が英国各地で、「センター・オブ・エクセレンス・アンド・イノベーション」として集まっています。

    そのようなクラスターの中に拠点を設けることには以下のメリットがあります。

    • より多くの高技能労働人口へのアクセス
    • サプライチェーンの改善
    • 知識、アイデア、研究開発費用の共有・分担
  • エンタープライズ・ゾーン

    エンタープライズ・ゾーンでは、英国で事業を設立し、成長させるための広範囲のサポートを提供しています。現在、イングランドとウェールズに存在する、または予定されているゾーンは50以上あり、スコットランドにはエンタープライズ・エリアが16あります。

    そこに所在する事業は、簡略された開発計画申請プロセス、いくつかの財務上の利点、そして事業のニーズに対応したインフラといったメリットを享受することができます。

    エンタープライズ・ゾーンの詳細