英国における事業のために有能な人材を雇用する

英国における事業のために有能な人材を雇用する

  • 柔軟な労働法

    英国の明快で柔軟な労働法規は従業員を守り、その利益を促進するものです。その法規はまた、事業が必要なときに適切な技能を持った人材を採用し、管理することをサポートするものです。

    事業主はその従業員が英国で仕事をする権利があるということを確かめる法的責任があります。個別の労働法規の中には、最低の労働条件、給料および休暇の権利を保障するものもあります。

    英国における契約の種類及び雇用主の責任の詳細

  • 英国における人件費

    英国は、就労者の労働意欲を促進するとともに、事業が低い賃金により不公平な競争をすることを防ぐために、国定最低賃金(National Minimum Wage)を設定しています。

    さらに、25歳以上の就労者に向けた国定生活賃金(National Living Wage)があります。

    国定最低賃金および国定生活賃金の詳細

  • 優秀な人材へのアクセス

    英国で事業を行う事業は幅広い人材基盤を利用することができます。優秀な人材を育成し、保持し、引き寄せることにおいて、英国は米国に次ぐ世界第2位とされています。

    優秀で経験豊かな人的資源を探し出し、選定する人材紹介会社がたくさんあります。英国の大学や徒弟制度が適切な資格と訓練経験を持った人材の採用を支えています。

    新卒の採用

    英国には世界トップ10大学のうち4校があり、欧州で最多数の一流MBA機関があります。つまり、就職の準備が整った新卒業生の豊かな人材の宝庫へアクセスすることができます。

    徒弟制度

    2020年までに300万人の徒弟を作る 英国政府の計画により、事業は労働意欲と技能を持つそれらの人材を活用しビジネスを成長させることが可能になります。徒弟を採用し訓練したいと思っている事業は、全国徒弟制サービス(National Apprenticeship Service)でサポートを受けることができます。

    海外からの人材

    英国の柔軟な査証制度では、新しい事業、投資家、起業家、専門技術者および学者を歓迎しています。これにより、世界クラスの専門知識を貴社の英国内事業に活用することができます。