英国の主要産業

英国で事業を設立するためのガイドライン

英国に投資するには、今こそ英国に投資する理想的なタイミングです。その準備を進めるために、以下の各ポイントを参考にしてください。

  1. 英国で会社を設立する

    英国市場に参入する海外投資家は一般的に、現地法人又は子会社を英国内に設立しています。あるいは、外国企業の英国支店を登記するという手段もあります。

  2. 英国の査証(ビザ)を申請する

    業務目的で英国に入国する場合、又は、欧州経済領域(EEA、スイスを含む)外から人材を雇用する場合は、英国の査証(ビザ)を申請することが必要になる場合があります。

  3. 英国で法人銀行口座を開く

    英国で銀行口座を開設すると、外為手数料無しで英国内で取引を行うことができるようになります。法的要件ではありませんが、取引の記録をつけることが可能になります。

  4. 英国の税制及び優遇措置

    英国の税制度は世界でも最も競争力のある制度のひとつであり、法人税の規則は明快です。

  5. 英国内に事業所を設立する

    英国の事業所設立プロセスは明快で、幅広い物件に加えて企業の設立および成長を促進する様々なインセンティブがあります。

  6. 英国における事業のために有能な人材を雇用する

    英国には世界最高レベルの優秀な労働人口に加えて、雇用側に配慮した労働法があります。また、柔軟な査証制度により外国の労働者を英国に招くこともできます。

  7. 英国の法制度を理解する

    世界銀行のビジネス環境ランキングでは、英国は第7位にランクインしています。

DITの役割

英国の国際通商省(DIT=Department for International Trade)は海外企業が英国で事業を立ち上げ、成長することをサポートしています。

各国の英国大使館、高等弁務官事務所、領事館などにある当省の対英投資チームは以下のサービスを提供します。

  • 貴社の産業分野の企業とのネットワ
  • ク構築ビザの申請など、入国関連の各側面におけるサポート
  • 貴社の成長に役立つ補助金やインセンティブを紹介
  • 給与指標の作成、採用、研修など、人的資源の確保に関するアドバイス
  • 貴社のニーズに基づく特定市場の研究